2009年8月13日木曜日

けりがつく

ものごとが一段落することを「けりがつく」っていうけど、この「けり」って、助動詞の「けり」だったのね。知らなかったよ!

けり
『―がつく』『―をつける』結末がつく(つける)。▽平曲(へいきよく)など語り物で、話を「そもそも」で起こし、一段落した所に助動詞「けり」を据えたことから。「鳧」とも書いたが、当て字。

(『岩波国語辞典』第六版)

平安時代からこのかた、物語は「むかし某ありけり」といったようにこの「けり」を用いた文ではじめられ、そして「となむいひける」などといった「けり」のついた文で終わるのがひとつのフォーマットだったのだ(日本古典文学大系 9「竹取物語」解説)。

0 件のコメント:

コメントを投稿