2009年8月6日木曜日

心ことにこまかなりし御返

姫君の御文は、心ことにこまかなりし御返なれば、あはれなること多くて、

浦人のしほくむ袖にくらべみよ波路へだつる夜のころもを

(「須磨」新日本古典文学大系『源氏物語(二)』、p. 26)

源氏が須磨に流されて方々に手紙を書く。藤壺や朧月夜たちからも返事が届く。紫上(「姫君」)からも返事が届いて、というところ。脚注を見ると「格別に愛情をこめて書かれていた源氏の手紙への御返事なので」となっている。「心こまか」なのは、文で直後に続いている紫上の「御返」なのではなくて、もとの源氏の手紙なのだ。「心こまかなり」となっているからそういうことになるのだろうけど。

0 件のコメント:

コメントを投稿